左右2つのセンサヘッドはCCDカメラとその中間にあるプロジェクションユニットから構成。ユニットは対象物にフリンジパターンと呼ばれる縞模様の異なる光のパターンを投影するための、白プロジェクタランプと移動スライドから異なるパターンが投影され、2つのカメラがそれら変化するフリンジパターンを高速に連続撮影します。それら撮影イメージから、ソフトウエアは高度なアルゴリズムにより対象物の正確な3次元点群を計算することができます。

CADから加工された金型は、微調整のためエンジニアの手 により修正が施されます。そのため金型の形状はオリジナ ルのCADデータと形状が一致しなくなります。修理や金型 の効率的で再生産に最適なソリューションは、金型をデジ タイズしエンジニアの手修正が入ったデータを作成するこ とです。

ATOSの実例公開中です。詳細はクリック!!→→→